Presented by
チェルカトラベル&ウイニングトラベルサービス

BLOG

2020/07/28 16:12

7月があと少しで終わろうとしておりますが、
祇園祭の粽はすべて終了させていただきました。
ご縁があり、お届けすることができましたみなさまの
厄病退散をお祈りいたします。
ありがとうございました!

今年、2020年の祇園祭は、コロナウィルス対策の為
規模を縮小して行われることになりました。

祇園祭というと、華やかな山鉾が京都の大通りを巡行している姿を
連想してしまいますが、人が集まってしまう行事を中止にされ
いつもとは違う姿ではありましたが、本来の祇園祭の意味に
そった形で行われることとなりました。

その一方で、「毎年祇園祭で頂いてくる厄除け粽、今年はどうしたらええんやろ?」
と悩んでらっしゃった方も多かったと思います。

クラウドファンディングによる授与の他、長刀鉾さま、白楽天山さまが
早々にインターネットを使った授与をされましたが、
厄除け粽の授与もしないと決断された保存会さまも多かったです。

そんな中で、ことくるに大切な粽の授与の一端を任せていただきましたこと、
大変ありがたく、光栄でした。
綾傘鉾保存会のみなさま、鷹山保存会のみなさま、黒主山保存会のみなさま、
本当にありがとうございました。心から御礼申し上げます。

山鉾町保存会のみなさまと、お届けさせていただいたみなさまをお繋ぎし、
お預かりした厄病退散の厄除け粽をすべてお送りすることができました。
来年の祇園祭へ、たくさんの方の想いも一緒にお繋ぎできていたら嬉しいです。

また来年は直接山鉾町でお受け頂くことができますよう、
祇園祭が従来の形で執り行われることを切に願います。

7月31日までは、祇園祭山鉾連合会さまによる
クラウドファンディングを受け付けてらっしゃいます。

今年の厄除け粽をお受けになれなかった方、
よかったらご覧ください。




こちらは宵山の日に頂いてきた八坂さんの御神符です。



例年は「厄病退散」の御神符のみですが、
今年はこの「疫病退散」の御神符を授与されていました。

世界中から早く疫病が退散しますように!
京都から皆様へ、この祈りをお届けいたします。


京都の今を届ける!オンラインショップ ことくる